スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2009年06月24日

越後湯沢温泉夏祭り会議! 怒り。。。

 既に八年目の参加になるかな。
恒例の「越後湯沢温泉夏祭り実行委員会会議」
初回1回目が開催されました。

 子供の頃は、「子供神輿」参加いやだなぁ~。
         「金管部パレード」間違ったらどうしよう。上手くいくかな?
         「大名行列」今年は誰が馬に乗るかな?(誰が将軍かな?)
         「花火大会」 旅館の屋上に大きなゴザしいて、花火見ながら寝てたかも?
         「夜店にGO」 友達と浴衣着るのは当たり前で、夜は露店通りが楽しみだった。
 
              夏休み=夏祭り!でした。

 そんな、私が今では企画・運営する立場の一人です。

 今回、実行委員長は祭りへの思いを予算から切り出しました。

 『 祭りには1000万も予算がついてるんです。この内容に1000万使って良いんですか?
  皆さんの言葉が今回の祭りに反映されるんです!
  私が企画するのではなく、私はこの実行委員会が上手く進行する様に指揮り、
  まとめる役です。毎年、お盆の忙しい時になんだよ!とか、
  意見が出ないで最後には文句しかない。
  なんて事は嫌なんです。 この不景気に1000万と言う金額はそうとうな額ですよね。
  一企業でしたら無駄遣いしたくない大金です。
  この金額を町民の為に使いたいんです。なので皆さんの忌憚ない意見をどんどん出して下さい!』

 その後、ある町内の代表者は「何言ってるかわかんない。俺達には関係ないよ。帰ろ」
 と呟き退席。

 町内の代表で来てるにも関わらず、「俺には関係ない」との考えに呆れました。
 一個人での参加ではないのです。
 わからないなら、質問する。意見する。当たり前の話です。
 参加し、この会議内容を各町内へ持ち帰り伝達する大役であるにも関わらず、始まって間も無く退席するとは。

 怒りを覚えました。

 本来、夏祭りは、町民による、町民の為の町民の祭りなんです。

 伝統ある行事・祭事のひとつ。 火を消すことは出来ません。

 誰がやる?勿論、町民が指揮をとり、運営・開催するんです。
 旅館組合や、温泉観光協会が主導で行うイベントとは違うんです!

 毎回、1回目は 日程の変更やら、○○はもう止める。
 とかって、後退的な出だし。
 
 大の大人が、自分の意見は勿論、町内の意見すら言えない。
 そんな人が町内の代表とは。。。。

 どこから改善したら、良いのでしょうか?
 
 なんでも人に頼り、汗も知恵も協力も出来ないで平気で文句を言う。

 せめて、文句は会議の中で言ってもらいたいです。立派な発言です!
 良識ある会議、そして、伝統ある祭りを盛り上げる為の実行委員会という事を
 認識してもらいたいです。

 若輩者が言うのもなんですが、昔のお祭りを思い出そうよぅ。。。。